黒島結菜が嫌われてる•不快に思われてるのはなぜ?【画像】箸の持ち方がヤバい

黒島結菜が嫌われてる•不快に思われてるのはなぜ?【画像】箸の持ち方がヤバい

女優の黒島結菜(くろしま ゆいな)さんが2024年1月16日に第一子妊娠を発表されました!
お相手は俳優の宮沢氷魚(みやざわ ひお)さん。入籍の予定はなく『事実婚』の関係であることも注目を集めています。

幸せ絶頂期の黒島結菜さんですがネット検索をしてみると『嫌われてる』『不快』といったワードが出てきます。
朝ドラ『ちむどんどん』で主演も務めとても綺麗な女優さんになぜこのようなワードが出てくるのでしょうか?

この記事では、
・黒島結菜は嫌われている?【世間の声まとめ】
・黒島結菜が不快に思われているのはなぜ?
・箸の持ち方がヤバい【画像】

をまとめていきたいと思います!

目次

黒島結菜は嫌われている?【世間の声まとめ】

黒島結菜が嫌われてる•不快に思われてるのはなぜ?【画像】箸の持ち方がヤバい

黒島結菜さんが『嫌われている』と言われる理由は主に

嫌われている理由候補『ちむどんどん』の印象が強い

黒島結菜が嫌われてる•不快に思われてるのはなぜ?【画像】箸の持ち方がヤバい

『ちむどんどん』は2022年度前期放送のNHK「連続テレビ小説」第106作で、2022年4月11日から9月30日まで放送されていました。ヒロイン•主役を務めていたのが黒島結菜さんです!

放送後には【#ちむどんどん反省会】といった投稿が見られるほどに厳しい意見が多かったドラマで、脚本や黒島結菜さんが演じた【暢子:ノブコ】に対しても賛否両論がありました。

主演女優が嫌いになりそうで本当に可哀想

ノブコ(黒島結菜)もけんしゅうも見ててイラッとしかしない

もうだめだ、ノブコ(黒島結菜)にイライラが止まらない。

黒島結菜さんが演じていたノブコは自己中心的な性格で、ドラマを見ていた視聴者からイライラするといった声が多数あがっていました。

この役柄が影響し、『黒島結菜=嫌われている』といった印象に繋がってしまっているのかもしれません。

「#ちむどんどん反省会」というハッシュタグを知っていますか。
これは朝ドラ「ちむどんどん」(NHK)の放送後に書き込まれるツイートであり、「あさイチ」で博多華丸・大吉と鈴木菜穂子アナが行っている“朝ドラ受け”の一般人版のようなもの。
しかし、その中身はほとんどが厳しいものであり、なかには誹謗中傷に近いところまでエスカレートしたツイートも少なくありません。

東洋経済

黒島結菜が不快に思われているのはなぜ?

黒島結菜が嫌われてる•不快に思われてるのはなぜ?【画像】箸の持ち方がヤバい

『黒島結菜 嫌われている』という検索結果とともに出てくるのが『黒島結菜 不快』のワード。
ヤフー知恵袋には【どうしてこんなにも批判されたり嫌われしまっているのでしょうか?】といった質問があるほどに皆さん気になっているようです。

黒島結菜が不快に思われている原因は声?【動画】

黒島結菜さんが不快に思われる原因の一つは『声』にありました。
知恵袋のコメント欄にも書かれていましたが【キンキンした声】を不快に思う方が多いようです。

クロサギで初めて知りましたが、演技めちゃくちゃ下手だと思いました…。 生真面目で主人公と衝突する役柄も影響しているのかもしれませんが、まず発声ができてないですよね。
キンキンした声で怒りますし表情もワンパターンで見ていてイライラします…。

さらには演技についても『演技下手』『出番をなるべく減らしてほしい』といった厳しい意見がみられます。

黒島結菜さんが出演しているドラマを見て、

役作りの努力が全く見られない

という理由で不快に思われている投稿もあり『プロならしっかりと!』といった期待を込めて投稿されている視聴者の方も多いと思います。

ドラマを視聴している方が引き込まれるほどの演技を今後期待したいですね!

黒島結菜の箸の持ち方がヤバい【画像】

黒島結菜さんは『箸の持ち方』が汚いことで話題になったこともありました。
確かによく見てみるとおかしい。

『ちむどんどん』で演じたノブコは料理人で食べることが大好きなキャラクター設定だったので、さすがに撮影前に直せなかったのか?といった疑問は湧いてきます。

これも先ほどの『役作り不足』に繋がってしまいますね。

黒島結菜が嫌われてる•不快に思われてるのはなぜ?【画像】箸の持ち方がヤバい

『ちむどんどん』が放送され食事シーンや料理シーンが放送された際には、下のような投稿が多くされていました。

黒島結菜が嫌われてる•不快に思われてるのはなぜ?【画像】箸の持ち方がヤバい

妊娠を発表し母になる黒島結菜さん!ママ女優として『嫌い』『不快』の噂を払拭し復活を遂げるのか!
今後の活動に注目です。

目次