3月24日、渋谷ユーロスペース他にて全国順次公開!!

著名人 コメント

人は何故泣くのか?生者への見栄なのか、死者への浄化なのか?
未熟な女優である主人公は、泣くことを職業にした姉の存在を通して、
泣くことの、そして、女優であることの意味を考えていく。
爽やかな読後感の残る好編。

是枝 裕和さん(映画監督)

行き詰まり、死、喪失。
泣きそうな状況のなか涙をこらえ、葬式では「泣き屋」としてニセの涙を流そうとする彼女。
本当の涙はどこにあるのか?
たぶん、未来の嬉しいことのために使われるはず。
そう信じてる。
死はいつだって再生とセットなのだから。

今日マチ子さん(漫画家)

夢をあきらめきれないからこそ出会える人と、出会える自分がいるのだと思えた

はあちゅうさん(ブロガー・作家)

死に方を考えたら逆に「それまでをどう生きるのか?」を考えている自分に気がついた
映画は時々ヒントをくれる
良い映画ほど、人生の役に立つ
人の数だけ答えがあり「それでいいんだよ」と優しく肩を押してくれる
そんな優しい映画でした

326さん(作家)

絵梨子は言葉を発しず、視線は泳ぎ定まらず、不安と焦燥とほんの少しの怒りが混ざり合う。
周囲や社会に対してというより、自分自身に対してだ。
これは、絵梨子の壊れそうな心の再生と同じように、和歌山の小さな町の超ミラクル町おこし的な変化ではなく、人々の生き方や見方を緩やかに変えていく〈癒しの映画〉であった。

ヴィヴィアン佐藤さん(美術家・ドラァグクイーン)

日本には国外にない奇妙な仕事があるが、泣き屋もその一つ。
藤村監督はそれを珍奇な視点ではなく、日本の死生観を通して爽やかに描く。
主演・久保陽香の無垢なとまどいと輝きが印象的な、愛らしい一篇。

関根 光才さん(映像ディレクター)

「泣き屋」をモチーフにしたところに初監督がトライする企画としては大胆不敵。
しかも、売れない女優が主人公で、同じ業界人としては、リアルなところでゾッとされられるシーンも。
伊丹十三的なエンターテイメント大型作品もぜひ、狙って欲しい。主演の久保陽香も期待に応えている。

河井 真也さん(映画プロデューサー)

1シーン、1シーン、
この作品の中の刻が紡がれて行く度に
藤村明世さんという新しいフィルムメーカーの
思い描く監督としての未来が
少しずつ、確実に、彼女に近づいている気がした。

永瀬 正敏さん(俳優)

「泣き屋」という着想が非常に良いです。
でもそれより、自分のゆがんだ性分、いびつな心と、がっぷり対決し、
持て余しそうになり、揺さぶられ、それでも何とかしようとする瞬間を描こうとしているのが、
一番の魅力だと思いました。

熊澤 尚人さん(映画監督)